インターナショナル・ワインチャレンジ2018 ”チャンピオン・サケ”を獲得


”チャンピオン・サケ”受賞のご報告

”インターナショナル・ワインチャレンジ2018”にて、
当社の「あだたら吟醸」が世界No.1の称号である”チャンピオン・サケ”を獲得しました☆

2016年には純米大吟醸の部門にて「金之丞」が金賞を獲得しておりましたが、
今年は最高賞の”チャンピオン・サケ”の獲得となりました。

受賞した”あだたら吟醸”ですが、
年間販売している定番の「吟醸酒」になります。
容量は180ml、300ml、720ml、1800mlから選べ四合瓶にのみ
「あだたら」という冠が付きます。

理由は当社の全ての清酒が地元”二本松”の名山、
水齢40年とも言われれている「安達太良山(あだたらやま)」の
伏流水で仕込んでいること。

”毎晩飲める吟醸酒”を目指し、ひとクラス上の美味しさをお手頃価格で
提供できる地酒蔵でありたいと想いを込め、
地元が慣れ親しんだ名称を商品名に致しました。
奥の松「あだたら吟醸」に注目が集まる事を光栄に思います。
ぜひ一度お召し上がりください。

IWCは世界最大規模のワイン品評会と位置づけられた
国際的なお酒のコンペティションです。

2007年から設けられた「SAKE部門」では、日本酒の世界一を決めるべく
毎年多くの酒蔵がエントリーする競争率の高いカテゴリーとなっています。

日本酒部門は9つのカテゴリーごとに 1,639銘柄を審査員による
ブラインドテイスティングを行い成績によりメダル表彰となります。
(金メダル・銀メダル・銅メダル・大会推奨酒)

☆チャンピオン・サケ☆ = あだたら吟醸


▼インターナショナル・ワインチャレンジ2018について▼
http://www.sakesamurai.jp/iwc2018.html

▼【あだたら吟醸】はこちら▼
http://okunomatsu.co.jp/ginjo/11205.php

この画面を閉じる